Nobuharu Suzuki

記事一覧(16)

研究室の紹介(1)教員からのメッセージ

 鈴木研究室(鈴木ゼミ)は都市デザインをテーマとしています。都市デザインをテーマとした研究室というと、そのほとんどは建築学科などにあります。ではなぜ文系で都市デザインなのでしょうか? もともと、私自身は建築学科で学び、都市工学科や土木工学科など工学系の分野で、景観、歴史をいかしたまちづくりについて研究や教育に携わって来ました。そうした経験の中で、これからは、ものを作る(建築をつくる)技術よりも、まちやその空間をどう使うかを考えることが重要だと考えるようになったからです。歴史のある建物を活用する、あまり活用されていない空間を活用する。そういった点から、まちづくりにアプローチしていくことができないかと思っています。 また、教育の面からも文献や論文を読むだけでなく、大学の外にでて、プロジェクトを動かす経験をすることが大事だと考えています。これを高等教育ではAL(アクティブ・ラーニング)PBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)とも呼ばれます。演習(ゼミ)の時間だけ集まって本を読む、研究発表するだけでは、身につけることができないような経験、スキルがこれからの時代を生き抜いていくために必要だと考えているのです。これはまちづくり分野だけでなく、社会に出て様々な企業で働く時に必要とされる経験・スキルでもあります。 よく、まちづくりのイベントをやっている忙しいゼミと思っている人もいますが、イベント=まちづくりでは決してありません。その中ではいろいろな実験を行ってきています。少し、これまでのプロジェクトを振り返って見ましょう。 まず一つ目は十年以上続いている黄金町のプロジェクトです。ここは2005年までは売春で有名なまちでした。かつては高架下に100軒近いそうした小規模店舗があったのですが、1995年の阪神淡路大震災をきっかけに高架の耐震補強工事をすることになりました。そのため、高架下のお店が高架の沿いに移転したところ260軒まで増加し、24時間で営業するようになったのです。子どもたちが裸同然の女性の横を歩いて登校する様子をみたPTAのお母さん、店舗に囲まれて引っ越さざるを得ないような状況になってしまった地域の人たちが中心となり、まちを変える運動が始まりました。現在まで、文化芸術でまちを再生プロジェクトが継続して行われています。 ここでは研究室でコガネックス・ラボという小さな拠点を運営していました。(現在は閉鎖、有名な小説家さんのアトリエになっています。)これはかつての違法な営業をしていた店舗をリノベーションしたもので、ここを拠点にさまざまな活動を行いました。2008年に地区再生のために行われたアートイベント黄金町バザールの際には、カフェとして運営しました。

大岡川桜まつりに参加しました。

 今年で第27回を迎える大岡川桜まつりに、はつこひ市場として学生たちが参加してきました。facebookなどではよく報告していますが、ここでは少し経緯も含めて書いておきたいと思います。 大岡川桜まつりというのは、他の桜まつりと違い、観光協会などが実施しているお祭りではなく、町内会・自治会を中心に実行委員会を組織しているお祭りであるという点に特徴があります。町内会や自治会などのコミュニティレベルでのまちづくり関わったことがある方であればわかると思いますが、意外と町内会・自治会レベルの横つなぎの連携というのは難しいのですが、これを20年以上継続している点がすごいところです。それでいて、非常に多くの人が訪れる年に一度の大イベントになっています。初黄・日ノ出町のバイバイ作戦も桜まつりを介した日頃の連携があったから成功したと考えています。 さて、私たちのゼミの学生が参加しているは、正確にいうと桜まつりのイベントの一つである黄金町エリアマネジメントセンター主催の「のきさきアートフェア」の企画の「はつこひ市場」(はつこひ商店会主催)です。 もともと、学生たちが企画したイベントに隣人祭りというのがあり、近所の飲食店の一品などをあつめて、みんなでご飯を食べましょうという地域交流のイベントでした。アートイベントだけでは地域の交流が進まないのではという学生と地元の方達有志の「地元学生会議」から出てきたアイディアでした。その後、そういったイベントをNPOでもやるべきという声がでて「ワンデーバザール」というイベントができました。NPOと一緒のことを学生がやってもしょうがないということで、隣人祭りはやめて、ワンデーバザールに企画は譲ることとしました。 また、そんな中で地元ので千葉のご実家に定期的に帰るけれども、農協などに売れない野菜がたくさんあるので売ってもいいですかという地元の方がおり、それらを定期的に売ったり、売れ残った野菜を使って、ワンコインの食事を一人暮らしのお年寄りや、アーティストなどに提供する活動がしばらく続き、そちらを学生達がサポートしていました。 この地元の方が中心にやっていたイベントが継続できなくなったときに、それにかわる企画として、研究室のOGである臼井さんと学生達が関わる形でスタートしたのが「はつこひ市場」というマルシェイベントです。主催は「はつひこ商店会」臼井さんが中心となり企画を練り、学生たちはその中で、自分たちの活動テーマに応じて、空間の使い方を実験したり関わっています。また、この学生活動、近年は学生の交通費なども自分で稼ぎましょうということになっているので、30日と31日は、輪投げの有料アトラクションをやらしてもらって、稼いでおりました。実はよく誤解されがちなのですが、NPOが学生たちの活動資金を提供していると思われているのですが、そうではなくて、基本的には学生たちは自分たちの活動資金を自分たちで稼ぐことになっているのです。 もちろん、金銭面以外で、私たちの活動は、地元の商店主の方々、おばさまたち、協力してくださるアーティストたちによって支えていただいています。それがなければ、10年以上も活動は続いてこなかったと思います。