「スマートイルミネーション2018」に参加・出展しました。

 先月10月31日から11月4日まで象の鼻パークで開催された、

「スマートイルミネーション2018」にゼミの有志が参加・出展しました。

http://smart-illumination.jp/

(↑イベントの詳細はこちらから)

 こちらの作品は「VV-IEW」というタイトルでダブルビューと読みます。「日本で一番海辺に近いかもしれないバーカウンター」というコンセプトのもと作られたVV-IEWは、イルミネーションそのものをつくるのではなく、現在のみなとみらいの夜景を活用したなるべく電力を使わない夜景観賞装置です。バーカウンターの奥に水面を張ることで夜景が二重に楽しめる、光が反射して見えるといったことからVV-IEWの名称がつけられました。

 私たちの専攻が都市デザインということもあり、今ある場をどのように活用しイルミネーションとして演出していけば普段とは違った非日常を体験していただけるかを考えました。

 スマートイルミネーションのイベントコンセプトに則り、素材もこだわりました。カウンターの土台には中古の木材パレット(荷役台)を使用し、コースターやランタンなどの照明器具もLEDライトのものを使用しました。

 また、お子さんにも楽しんでいただけるようにカウンターの上にはブラックライトで光る横浜クイズも用意したのですが、いい意味で予想が外れ、来てくださった大人たちも熱く盛り上がる場面も多々ありました。


 おわりに。私たち自身としても「0→1を作るのは場合によっては簡単だが、今ある資源を使ってその場をデザインする」といった机上で学んできたことを実際に手と頭を使って実践する機会となりました。ご来場いただいた方々、関わりいただいた関係者の皆様どうもありがとうございました。

 

鈴木伸治 研究室

横浜市立大学 | 都市デザイン Yokohama City University Urban Design Seminar